ホームページ作りの総合サイト

>
この記事をシェアする

ホームページはどうやって出来ている?

HTMLとCSSってなあに?

ホームページはHTMLという言語が核となり、そこにCSSという言語で装飾をして形になります。

HTMLは文章そのものを入力したり、写真、イラスト、動画を貼付けたりできます。
また文字を強調したり、表示するフォントを決めたり、箇条書きを追加したり、見出しを付ける事も出来ます。
HTMLの各種タグは、文章をレイアウトする上で基本的な部分です。
なのでまずはHTMLの各種タグをきちんと理解することが大事です。
最近よくあるホームページ簡単作成ツールを使うと、それなりの見栄えで形になり、タグの役割を軽視しがちですが、やはり基本は押さえておきたいですね。

CSSは、ホームページのデザインを行う言語です。
HTMLで作成した文章の文字の色を変えたり、大きさを変えたり、背景をつけたりしてホームページ全体のデザインをブラッシュアップする事が出来ます。
CSSで最終的な見栄えが変わってきますよ。

一歩進んだサイトのJavaScrip

HTMLとCSSでホームページの骨組みが出来る事はわかりましたね。
でも例えば、ホームページで何気なく使っているポップアップウィンドウや、よく目にするスライドショーを実現するのにはHTMLとCSSだけでは不十分です。

では、どうすれば良いのでしょうか?
一般的なのはJavaScriptを使う事です。
なぜJavaScriptを使うかというと、今標準的に使われているブラウザには、JavaScriptの実行環境が搭載されているからなのです。

ただし、JavaScriptは、いわゆるプログラミング言語です。
扱えるようになるためには、プログラムの基礎から学ぶ必要があります。
このため、難易度はHTMLやCSSより大分高くなりますので、準備期間が必要になります。


Copyright © ただ制作すれば良い訳じゃない!サイト制作で必要な知識. All Rights Reserved.

TOPへ戻る